イベント情報

春の訪れに合わせ、箱根湯本の「牛なべ 右近」にて、箱根の旅人へ 花手水と和傘を飾り付けたフォトジェニックで癒しの空間を提供。

花手水と和傘を飾り付けたフォトジェニックで癒しの空間を提供。

日程  2022/03/21 (月)~2022/06/20 (月)
決定
「牛なべ 右近」では、2022年3月21日の春分から、店舗入口のスペースにて、鉢の水に色とりどりの花を浮かべた「花手水」と「和傘」を飾り付け、箱根の旅人に喜んでいただけるようなフォトジェニックな空間を演出しております。

さらに夜はライトアップして幻想的な光のアートもお楽しみいただけます。
期間中はカメラ台なども設置し、一般の方もご覧いただけるように開放いたしております。

■開催期間:2022年3月21日 から 6月20日迄 予定

■花手水(はなちょうず)とは?
花手水とは元来、神社やお寺などで参拝する際、参道脇や社殿脇に置かれる「手水舎」などで、手や口を清める「手水」と言う作法を、野外などの神事の際に水がない場合の代用として、草木や花の露で身を清める行いを「花手水」と呼んでいました。
しかし昨今では少し意味合いが変わってきており、寺社の手水舎など、水の上に色とりどりの花を飾る事自体を「花手水」と呼ぶようになってきております。

この流れは、2017年、京都府にある楊谷寺の手水舎で紫陽花を浮かべたことがフォトジェニックだとSNSなどを中心に話題になった事から始まり、さらに新型コロナウイルスなどの感染防止などの観点から手水舎の使用を自粛する寺社が増え、使用されなくなった手水舎の新たな活用法として、楊谷寺のように水の上に花を飾る動きが全国的に広がったとの事です。

長引くコロナ禍の中で全国的に広がっていったフラワーアートとしての「花手水」
花を見た人たちが一時でも癒しを感じ、箱根観光の思い出の一つになれば幸いです。

是非、春の箱根散策のコースに加えてみてはいかがでしょうか?
日程 2022/03/21 (月)~2022/06/20 (月)
場所 【箱根湯本】滝通り温泉郷通り沿い 牛なべ 右近
エリア 箱根湯本・塔ノ沢・畑宿
URL https://www.hakone-ukon.jp/

マップ

施設情報

Instagram FACEBOOK